新潟県新潟市での福祉用具のレンタル・販売・福祉用具のご相談

あおやまメディカル株式会社
福祉用具専門相談員が、お客様のご相談をお受けしております。お気軽にご相談・お問い合わせください。(月~土 9:00~18:00) フリーダイヤル:0120-834-449 メールからのお問い合わせはこちら
ホーム > 福祉用具のレンタル > 要介護2・3・4・5の方 > 体位変換器

体位変換器のご紹介

  • 選ぶ際のポイント
  • 特徴
  • 使用例
  • 事例
  • 機能

体位変換器とは

体位変換器は、てこの原理を応用したり、体と床面の摩擦抵抗を少なくしたりすることで、
寝返りなどの姿勢変換の介助を容易にすることを目的とした福祉用具です。

体位変換器を選ぶ際のポイント

動力を用いて周期的な寝返りを促す機種もあるが、介護者の状況と要介護者等の身体機能を 総合的に評価して選定することが重要であるとされています。

おすすめ商品と特徴 -体位変換器-

バナナターン KE-P152(Mサイズ)

布団やベッドからの立ち上がりをサポート。

身体のラインに沿った使いやすい形状、
両端には持ちやすいグリップを設けた体位変換しやすいデザインです。体位変換後は身体の下に挿入しておくことで、そのままの姿勢を保ちやすくなります。

形崩れしにくく、快適に姿勢を保ちます。
硬さの異なる三種類のウレタンフォームを不規則に粉砕して混ぜ合わせています。ウレタンチップが適度に絡み合うことで形崩れしにくく快適に姿勢を保ちます。

バナナターン KE-P152(Mサイズ)

使用例 -体位変換器-

使用例-1-

使用例-1-

2つのバナナターンを身体に沿ってしっかりとあて、交差した2つのグリップを持って引きます。

使用例-1-

使用例-1-

バナナターン(Sサイズ)を太ももにしっかりとあて、グリップを持って引きます。

使用例-1-

使用例-1-

バナナターン(Sサイズ)を肩にしっかりとあて、グリップを持って引きます。

実際にスタッフが使ってみました!

1.身体に沿ってあてがいます

1.身体に沿ってあてがいます

2.グリップをしっかり握ります

2.グリップをしっかり握ります

3.てこの原理を使って引きます

3.てこの原理を使って引きます

4.身体とマットの間に入れ込みます

4.身体とマットの間に入れ込みます

5.Sサイズのバナナターンを入れて固定します

5.Sサイズのバナナターンを入れて固定します

導入事例 -体位変換器-

Jさん(女性)の場合

身体状況:
脳腫瘍により寝たきり状態。
オムツ交換や寝返りが1人で出来ないため常時体の向きを変えるときに介助が必要。
家族:
主介護者 夫
夫は腰痛を持っている。
要望:
1日6回以上寝返りをさせるので、双方にとって楽に寝返りをさせたい。
選定した福祉用具:
バナナターン
結果:
おむつ交換や、体の向きを変えるときに、本人、夫も難儀感と痛みが和らぎ、以前よりは楽になったとのこと。

機能詳細と種類 -体位変換器-

商品名 バナナターン KE-P152(Mサイズ)
サイズ 全長109cm×全幅31cm
重さ 0.7kg
材質 ウレタン
メーカー名 パラマウントベッド
全長140cm×全幅42cm 重さ1.3kg バナナターン KE-P151(Lサイズ)
スイングアーム介助バー KS-096A
全長46cm×全幅21cm 重さ0.2kg バナナターン KE-P153(Sサイズ)
バナナターン KE-P153(Sサイズ)
ページの先頭へ戻る

お問い合わせ・ご相談

福祉用具専門相談員が、お客様のご相談をお受けしております。お気軽にご相談・お問い合わせください。

おすすめのコンテンツ

福祉用具のご購入

福祉用具のご購入

購入専用の各種福祉用具をお探しの方はこちらから

福祉用具専門相談員が、お客様のご相談をお受けしております。お気軽にご相談・お問い合わせください。(月~土 9:00~18:00)0120-834-449 ページの先頭へ戻る