インタビューレポート アーバンリビング鳥屋野

インタビュー協力:アーバンリビング鳥屋野【http://www.naebafukushikai.com/】<社会福祉主事・介護福祉士>青木 一夫さん
 
―アーバンリビング鳥屋野はどのような施設ですか?
 1階にデイサービス、2階にショートステイ、3階に住宅型有料老人ホームという住宅複合対応型福祉施設になります。認知症対応型デイサービスも7月1日に開所予定です(※2009年6月20日現在)
 
―なぜトレーニングマシーンがデイサービスのフロアにあるのですか?
 デイサービスではCGT(包括的高齢者運動プログラム)を介護予防の一環として行っています。日常生活で必要な体力作りを目標に約30分、要望があれば自宅で出来るプログラムも講習を受けたインストラクターが教えています。
 
―ショートステイではフリードリンクが楽しめるんですね。
 ここにはよくご家族の方が面会に来られるんです。その時に小部屋ではなく広い空間で一緒にくつろいでいただけたらと思って設置しました。
 ショートステイでは少ないといわれている面会をゆっくりご家族で楽しんでいただけたらと思います。
 
―入居金なしで住宅型有料老人ホームに入れると聞いたのですが。
 本当です。介護士が24時間対応で勤務しているので快適に安心して過ごせると思います。
 また、お部屋にベッドや家具などを各自持ちこめるので馴染みのある空間でリラックスできますし、介護保険の限度額の範囲内で訪問看護やデイサービスなども利用できますよ。
 
―ありがとうございました。
 
アーバンリビング・デイサービス
★デイサービスの様子。3つのマシーンで体力作り。インストラクターと1対1で行います。
アーバンリビング・ショートステイ
★ショートステイの様子。コーヒー・紅茶・ポカリスエットなど色々なドリンクが容易されています。
 
アーバンリビング・有料老人ホーム
★住宅型有料老人ホームの様子。各部屋にトイレ・洗面台・エアコンあり。白くて清潔感のある室内です。
 
※この記事は第66号いきいき生活応援新聞(発行日:2009年6月20日 作成者:あおやまメディカル)にて掲載されました。
※お問い合わせは直接掲載施設にお願いいたします。

\ SNSでシェア /