パレートの法則


 
 
 
 
 
 
 
 
こんにちは。
マーケティング課の笠原です。
 
「 パレートの法則 」 って聞いたことありますか?
「 80 : 20の法則 」 「 2 : 8の法則 」 とも呼ばれています。
経済学やビジネス、マーケティング用語として用いられるのですが、
先日、とある人から 人間関係にも応用がきく という話しを聞きました。
 
パレートの法則とは、 
自然現象や社会現象の多くには 【 2 : 8 】 程度のばらつきがある という説です。
アリで例えると、 「 働きアリの法則 」 というのがあり、
ある集団のアリの2割は働いているが、残りの8割はさぼっている
不真面目なアリを排除して、よく働くアリをだけのエリート集団をつくったら、
また8割のアリは働かなくなる。  というのもです。
 
どうやらこれは自然の法則で、逆らえない原理のようです。
 
さらに、パレートの法則から派生した 「 2-6-2の法則 」 というのもあります。
なぜ2:6:2?
これは上にも、下にも、飛びぬけた2割がいるからだそうです。
たとえば、学校のクラスなら、
運動が得意な子どもは2割、 普通な子どもが6割、 苦手な子どもが2割
こんな感じです。
 
これを人間関係に当てはめてみると、、、
あなたと意見が合う人が2割、 別にどちらでもない人が6割、 意見が合わない人が2割
となります。
ですので、 もし意見が合わない人がいてもそれは当たり前のこと。
なぜなら自然の法則だから!
これに逆らおうとするから人間関係が苦しくなるのだそう。
 
意見が合わない人がいたら 「 反対側の人 」 と割り切ってしまえばいいのです!
「 この人と意見が合わないなー。つまりうまくバランスがとれているんだなー。 」 と気楽に考えてしまえばいいのです。
 
と、自分に言い聞かせながら書いていましたが、
本当にこんなに気楽に考えられるようになるには、
まずは 「 2-6-2の法則 」 がある! と常に意識していなければいけませんね!
 
 
 
 
 

\ SNSでシェア /