漫画を読むときのクセ

こんにちは
マーケティング課の笠原です。

私は漫画本を読むスピードがとにかく遅いです。
文字が少なめのものでさえ、1冊読むのに2時間以上かかります。

もともと文章を読むのは速いほうではないのですが、
さらに原因のひとつに 「 点が気になる 」 ことがあげられます。

点とは、
気づいた時や、ひらめいた時などに使われる点
↓いわゆるこれです

 

それと、
沈黙などで吹き出しに使われる点
↓これです

 

これらの点の数をついつい数えてしまうクセがあるんです。
昔からのクセでなおりません・・・
数えずにはいられないのです。

吹き出しの中の点は、出版社によって特徴が出ていたりします。

 

それになんといっても、たかが点。されど点。
点の中に作者の意図や自負のようなものがある気がするんです。

点をつけるときのバランスだったり、点と点の間隔、
気づきの程度、
意図する沈黙の長さをどのように読み手に伝えるか・・・とか。

・・・こういうことを話していると割と気味悪がられることが多いので
ここまでとしておきます。笑

みなさんも漫画本を読むとき、何かクセはありますか?

\ SNSでシェア /