飼い猫の入院

先日、うちの飼い猫(ラブ♂)が、いつも以上に元気がなく、動きもどこか遅く、ぐったりした感じが見受けられました。
そこで、病院につれていくと、排尿がうまくできない状態になっていました。
膀胱に尿がたまり、腎機能も低下していました。
その為、2日間、病院に入院し、24時間点滴を受けることになりました。
 
その効果もあり、数値的も下がり、排尿もうまくできるようになりました。
先生曰く、食事が重要との事で、「高い餌を食べさせてください」と言われました。
排尿については、もともと、尿道が狭い可能性もあり、何かあったら連れてきてください。との事で、無事に退院。
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
退院後、何とか元気になり、ランドセルと戯れていました。
これからも、無事を願うばかりですが、やっぱり、治療費は高かった。
お金に返れないので、これからも大事に育てていきたいと思います。

\ SNSでシェア /