虹の見え方は国によってちがう⁉

すっきりと晴れる日が少ない季節ですが

 

誰もが一瞬、空をみて感動する季節でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「THE 虹」です(笑)

 

私がここ数年見たことがない、大きく端から端までハッキリ見える虹をみました!

 

「虹の色は?」と聞かれたら、皆さんは何と答えますか?

日本では広く7色と認識されており、色は赤・橙・黃・緑・青・藍・紫の順番で並んでいるとされています。

これは、万有引力の法則で有名なニュートンが発表した考え方だそうです。

 

 

でも私の記憶にある虹はすべての色が見えたわけでなく、ぼんやりで4.5色しか見えないときもありました。

 

しかし、様々な国の虹を調べてみると、共通して7色というわけではないようです。

多い国では8色!、一番少ない国だと2色に見えるそうです。

(ちなみに、インドネシア(フローレス島)は、赤地に黄・緑・青の縞があるように見えているようです。)

 

国ごとに色の数が大きく異なるのは、実際に見えている虹の色が違うからではなく

同じ色を見ていても、その色を表現する言葉があるのか、ないのかで虹の色数も変わってくるということです。

 

「虹は何色か」と質問された時に・・・

・日本、アメリカ、フランス → 「◯色」とはっきり答えます。

・ロシアなど        → 「色々」「しいて言うなら◯色じゃないかな」など虹の色が何色なのかはっきり

しないとの事。

 

つまり“何色あるか”というよりは

 

“何色と見ようとするのか”ということが大きな違いにつながっているようです。

 

仕事でも家庭でも、何かに躓いたとき、思い出してみたい気持ちになりました。

 

 

皆さんも次回虹を見つけた時は、7色という概念をいったん忘れ、何色に見えるのか試してみるのも楽しいかもしれませんね。

 

ではまた!

\ SNSでシェア /